H14.春季リーグ戦開幕

今季リーグ戦は次の六大学で実施します。
名古屋工業大学、名城大学、名古屋大学
東邦学園大学、愛知文教大学、名古屋産業大学

愛知大学野球連盟の理事会で、
豊橋技術科学大学は、部員不足などにより連盟脱退を、
また、愛知淑徳大学は今春のリーグ戦不参加を表明し、
審議の結果承認されました。
この結果、四部の平成14年度春季リーグ戦は6校で
行われます。

愛知大学野球連盟審判委員長に、新たに愛知大学OB
の奥田正勝氏が就任しました。
四部では愛知文教大部長に遠藤康氏が就任しました。

  <リーグ運営について>
 四部リーグの試合運営については、学生委員が運営しています。
 球場は、岡崎総合公園野球場、名城大学球場、名古屋大学球場
 が使用されます。

 (1)試合運営
   男子学生委員を中核に、試合準備、各方面との連絡、
   グラウンド整備を名城大学と名古屋大学を中心とする学生諸君
   の協力を得て、円滑に運営してゆきます。

 (2)広報・記録
   女子学生委員を中心に、試合記録、マスコミ各社への連絡、
   ホームページの運営など、選手諸君ががんばった結果を
   正確に記録に残し、その内容を情報発信するため、
   試合終了後も遅くまでがんばっています。
  

  今後とも皆様の応援をよろしくお願いします