平成17年度 7大戦 (福岡・春日球場)


       
   8月12日  大阪大学 4−4 九州大学  
   8月12日 北海道大学 8−3 名古屋大学   
   8月13日 名古屋大学 14−5 大阪大学  
   8月13日 北海道大学 8−1 九州大学  
   8月14日 名古屋大学 6−3 九州大学   
   8月14日 大阪大学 3−4x 北海道大学   
   

 優勝    北海道大学 3勝   
準優勝   名古屋大学 2勝1敗
3位    大阪大学 1分2敗
3位    九州大学 1分2敗
  不参加    (東北大学、東京大学、京都大学)



8月12日(金)  於:福岡春日市・春日球場                      


 1  2  3  4  5  6  7  8  9   計 

北海道大学

 5  0  0  0  0  0  0  0  3   8

名古屋大学

 0  0  0  0  0  0  1  2  0   3

(名古屋大学:投−捕) 山口・佐々木・古田 − 若尾・伊藤

    立ち上がり、先発・山口が悪い時のパターンで走者をためて先制点を許し、
更にバックのボーンヘッドもあって大量5点を失い1回も持たずに降板。           
その後は佐々木・古田が好投して2点差まで追い上げたがそれまで。
                                (戦評:野瀬監督)


8月13日(土)   於:福岡春日市・春日球場                      


 1  2  3  4  5  6  7  8  9  計   

名古屋大学

 4  1  1  0  0  2  0  2  4  14  

大阪大学

 0  3  1  0  0  0  0  1  0   5 

(名古屋大学:投−捕) 山口・佐々木・古田 − 若尾

再度先発した山口が2回0/3で降板、連投で救援した佐々木が
8回まで好投し、バックも大量点で援護して快勝。 (戦評:野瀬監督)


8月14日(日)   於:福岡春日市・春日球場                      


 1  2  3  4  5  6  7  8  9   計  

名古屋大学

 1  0  1  0  0  0  2  0  2   6

九州大学

 3  0  0  0  0  0  0  0  0   3

(名古屋大学:投−捕) 矢田 − 若尾

満を持して先発した矢田が1回こそ失点したが、その後立ち直って完投。
      7回に稲垣の3塁打で同点に追いつき、更に酒向のタイムリーで逆転。 
                                  (戦評:野瀬監督)