平成15年度 7大戦 (ナゴヤ球場)


       
(1回戦) 8月 4日 9:00 名古屋大学 5−0 大阪大学 (a)
(1回戦) 8月 4日12:00 北海道大学 4−1 九州大学   (b)

(1回戦)

8月 4日15:00 東北大学  3−7x 京都大学 (c)

(7位決定戦)

8月 5日 9:00 九州大学 10−0 東北大学 (8回コールド)  (d)
(準優勝戦) 8月 5日12:00 東京大学 4−4 名古屋大学  大会規程により
 塁打数で名大の勝利
(e)
(準優勝戦) 8月 5日15:00 北海道大学 6−8x 京都大学  大会規程により
 6回時間切れコールド
(f)
(5位決定戦) 8月 6日 9:00 大阪大学 1−6x 九州大学   
(3位決定戦) 8月 6日12:00 北海道大学 1−7x 東京大学  
(優勝戦) 8月 6日15:00 名古屋大学 1−4x 京都大学  

優勝   京都大学
準優勝   名古屋大学
3位   東京大学
 4位   北海道大学
5位   九州大学
6位   大阪大学
7位   東北大学


<名古屋大の成績>
8月 4日(月)  於:ナゴヤ球場                      

<始球式: 伊藤 名古屋大学副総長>

    名_大 020 020 100  5  (投手:馬場)
    大阪大 000 000 000  0  (投手:山岡)

2回は押し出しで1点、5回は須嵜・山田・酒向の3連打と
3塁失で2点、7回は門川の左翼線2塁打で1点と着実に加点。
投げては、馬場が完封し、名阪戦のリベンジを果たしました
                        (戦評:野瀬監督)

8月 5日(火) 第2試合(準決勝)                 
名大 010120000 4 
東大 300010000 4
           (9回時間切れ引分け)
    (投ー捕)  名大  多崎−山田貴
                 東大 木村・小田・松岡−渡辺

      ※大会規定により塁打数で優勝戦へ出場チームを決定
   塁打数13−12で、名大が優勝戦へ、東大は3位決定戦へ

    名大先発・多崎は立ち上がり、東大打線に連打を浴び3失点。
    本日の打線は、粘り強く食い下がり、磯部の2本のタイムリー
    で1点差に追いすがり、5回には1死2塁から稲垣の右前安打
    を右翼手が後ろへそらし同点、更に須嵜のスクイズで逆転した。
    その裏、東大の攻撃で右フライを右翼手が目測を誤り3塁打と
    し、同点に追いつかれたが、その後は両チームが互いに譲らず
    9回時間切れ引分けとなった。                   
    結局、塁打数の差で名大が決勝戦進出となったが、
昨年は東北大戦に、引分け・塁打数負けの逆となった。
(奇しくも、主管校が塁打数勝ちのケースが2年続いた)
                              (戦評: 野瀬監督) 

8月 5日(火) 第3試合(優勝戦)                    
  名大 000100000 1
   京大 01001002x 4x

    投−捕 (名大) 馬場−山田貴 
           (京大) 濱田・河村−谷口

      久し振りの決勝進出で、ここ数年で2連敗している京大に対して
   リベンジするものと、気力をみなぎらせて対戦に臨んだが、
        結局、最後は地力の差が出て、京大が温存していたエース・河村を
攻略できず、馬場の好投を見殺しにしてしまった。   
                              (戦評: 野瀬監督)